治験コーディネーターへの転職事情 -給料は?-

治験コーディネーター(通称CRC)への転職相談が増えています。
そこで気になるのが、「治験コーディネーターの給料ってどうなの?」という現実的な疑問。

治験コーディネーターの年収は、前職でのキャリアによって様々。
下記の年収は、あくまでも参考例として見てください。

◆未経験者の場合
    ⇒年収350~400万円前後

◆治験業務経験者の転職の場合
    ⇒ 年収450~700万円前後

◆看護師、薬剤師、臨床検査技師、MR認定資格からの転職の場合
    ⇒ 年収450~800万円前後

最も年収に幅があるのは、元医療関係従事者が転職してCRCの職に就くケースです。

企業側が求めているスキルとマッチさえすれば、前職給料を大幅に増やして転職に成功しているケースもあります。

下記のランキングは、治験コーディネーターの求人を多く取り扱っている転職サイトです。
一度登録して、あなたの現在のスキルを生かせる場を探してみるのも良いと思います。


  1. マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    転職時期や希望条件が明確ではないけど・・・
    情報収集だけはしっかりしておきたい人にピッタリ。
    特徴は、
    1.治験関連の求人情報量が多い
    2.1分で簡単登録
    3.登録後すぐに非公開求人が見れる
    4.業界知識豊富なコンサルタントに相談できる
    転職に向けて「とにかく一歩踏み出さなきゃ!!」と思っている人は、マイナビ看護師。
    ココに会員登録して情報収集を始めてみてください。

仕事内容は?

参考までに、職務内容を確認。

CRA(治験モニター)とは、
プロトコール、関連文書作成/有害事象への適切な対応/研究会の運営・実施/治験状況の社外への情報提供/社外機関との折衝などを行う職務。

CRC(治験コーディネーター)とは、
臨床試験実施にあたり、治験責任医師又治験分担医師の指示の基で、医学的判断を伴わない治験業務支援を行う職務。

給料は多少犠牲にしても、
職場環境や家庭と仕事の両立を優先して転職する人が多いのも現実。

働く場所は、病院やSMO(医療機関で実施する治験業務を管理し、業務支援を行う組織)がメイン。
ただ最近求人が増えているのは、ベンチャー系のバイオ企業。

治験コーディネーターは、社会的ニーズが高い職業なので異業種での活躍の場もあるようです。

このページの先頭へ