介護施設で働く看護師による意見

【賛成派意見】

  • 夜勤なし(一部例外はある)
  • 定時で帰宅できるので生活リズムが安定
  • 医療処置がほとんどないので精神的プレッシャーが低い
  • 1人1人と向き合ったケアが出来る

【否定派意見】

  • 看護スキルが停滞する
  • 介護の仕事を負わされる事もある
  • 仕事が単調でつまらない
  • 介護士と上手くいかない

介護施設で働く看護師

介護老人保健施設(老健)の特徴&仕事内容

病院へ入院する必要はないけど、自宅での生活は出来ないという65歳以上の人が対象となる施設。
医療法人や社会福祉法人が運営している。

その為、生活の場となる有料老人ホームとは異なり、在宅復帰を目的としたリハビリ施設。
平均3~6カ月で退院する。

医学管理や機能訓練を実施する。
ただ病院とは違い急性期の患者はいない。
その為、働く看護師にとって精神的プレッシャーは少ない。

特別養護老人ホーム(特養)の特徴&仕事内容

要介護認定となった65歳以上のお年寄りが入居する施設。
地方自治体や公共団体が運営している為、民間老人ホームより費用が安く常に入居待ちの状態。

看護師としての仕事内容は、入居者の健康チェックと維持管理。
医師が常駐している施設は少なく、提携先病院の医師との連携が大事。

将来的に地域包括支援センターで働きたいと思っている人には、よいキャリアパスになる。
厚生労働省が力を入れている地域ケアシステムに役立てる。

有料老人ホームの特徴&仕事内容

入居者基準は特養と一緒。
特養の民間版だと考えて問題ない。
種類は①介護付②住宅型③健康型の3タイプある。

看護師としての仕事内容は、入居者の健康チェックと維持管理。
一般的に特養の看護師より民間の方が給料は多く出る。

デイサービスセンターの特徴&仕事内容

要介護のお年寄りを日中だけ預かり、食事補助・入浴・レクリエーションを行う施設。
ここでの看護師の役割は、バイタルチェック。
またお年寄りの話し相手となって精神的ケアを担うのも大事な仕事。

デイサービスセンターは住宅街に多く、勤務時間も短くて済む。
その為、子育て中の看護師に人気がある。

ブランクのある看護師の再就職先としても適切。
デイケアを足掛かりに訪問介護センターへとキャリアを進める人もいる。

≪関連ページ≫

病院以外
病院以外で看護師の資格を活かせる仕事を紹介!
訪問看護
訪問看護師のリアルと失敗しない勤務先の選び方

このページの先頭へ