院内CRCへの転職方法

病院

CRCの就職先は、SMO(治験施設)に所属するCRCか病院内のCRCになります。

そして現在、募集が多いのはSMOのCRCです。
院内CRCの求人募集もあるのですが、看護師系の求人誌に掲載されることはなく人材紹介会社が求人案件を抑えている状態です。

院内CRCを募集している病院は、400床以上の規模のある病院からの求人が多いです。
そして、1000床以上の大学病院クラスなら間違いなく院内CRCの仕事はあります。
ただし、正規募集より非常勤のほうが多いかもしれません。

いずれにしろ、院内CRCの求人は看護師専門の人材バンクから求人を紹介してもらうのが一番の近道です。


  1. マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    転職時期や希望条件が明確ではないけど・・・
    情報収集だけはしっかりしておきたい人にピッタリ。
    特徴は、
    1.治験関連の求人情報量が多い
    2.1分で簡単登録
    3.登録後すぐに非公開求人が見れる
    4.業界知識豊富なコンサルタントに相談できる
    転職に向けて「とにかく一歩踏み出さなきゃ!!」と思っている人は、マイナビ看護師。
    ココに会員登録して情報収集を始めてみてください。

  2. ナースフル

    ナースフル

    忙しい看護師に代わって、優良な転職先を探してくれる無料サービス。
    特徴は、
    1.高給与・好条件の求人が多いと評判
    2.業界最大手のリクルートが運営
    3.キャリア志向の看護師には専門アドバイザーが相談にのってくれる
    CRCへの転職はもちろん、新たな診療科目にチャレンジしたい人やキャリアを磨きたい人に人気です。
    専門看護師や認定看護師取得の為の支援制度も充実。
    まずは登録だけしておいて、良い条件の転職先があるか確認してみましょう。

  3. ナースではたらこ

    ナースではたらこ

    顧客満足度が高いと評判の「ナースではたらこ」
    特徴は、
    1.求人を検索機能が豊富
    2.病院の雰囲気を的確につかんでいるキャリアドバイザー多数
    3.給与や人間関係の情報も隠さず教えてもらえると評判
    治験関連の求人を探すなら、無料転職サポートへの申し込みは必須!
    専任コンサルタントがつき、非公開の求人情報を紹介してもらえます。

SMO所属のCRCと院内CRCの違いは?

仕事内容はほぼ同じです。
ただ所属団体の立ち位置が違うと、治験に取り組む姿勢に対して微妙にズレがある場合もあります。

SMO所属のCRCは、被験者のエントリー数を求められます。
その理由はクライアントである製薬会社等が、1件でも多くの症例を求めてくるからです。

その一方で院内CRCには、そのようなプレッシャーがありません。
その為、SMO企業の商売気のある姿勢に反感を抱く人もいるようです。
倫理観や安全性を考慮して、最終的に正しい決断するのもCRCの大切な仕事です。

このページの先頭へ